どちらかの肩甲骨の可動域が悪くなっている可能性があります。

犬には鎖骨がありません。

鎖骨は本来胸骨(胸の真ん中の骨)と肩甲骨をつなぐものなので
この鎖骨がないということは
肩甲骨が胴体と骨格でつながっていない。ということなのです

そして犬の姿勢は通常前肢に7割の体重がかかっているものです。
ということは
肩甲骨を支えている筋肉への負担は人間のそれとは比較にならないものなのです。

上記の理由から
例えば前足の体重の乗せ方に左右差がある。などの問題がある場合
肩甲骨のゆがみが発生する可能性が高いのです。

負荷のかかっている肩甲骨は角度が立ってきてしまう傾向があります。
→→
肩甲骨が立ってしまうと、前肢の可動域が狭くなってしまいます。

またこの原因は、必ずしも前肢の問題ではないこともあります。

犬は四つ足なので、歩行の際には後肢と前肢の連動がとても重要になります。
後肢の可動域や筋力に左右差があれば
それは前肢の動きにも影響を及ぼしてしまうのです。
(股関節の筋力さによる可動域の変化についてはこちら)