15歳を超えた子、みんなにやってほしいケアです。
すでに筋力低下が目に見えていたり、姿勢も悪くなってきていたり、場合によっては立ち上がるのに時間がかかるようになっていたり、歩いているときにつまずいてしまったりしている可能性があります。
動きにくそう、でも動かないでいたらそのまま筋力低下は進行します。こわばっている筋肉をほぐしてあげたら本当に”立ち上がりやすく”なるんです。ぜひぜひおうちでケアしてあげてください。

胸の筋をほぐす

胸の筋肉をマッサージします。
イラストのように、指先ではなく指の側面の平らな部分でほぐしていきます。
胸の中央に“胸骨”という骨があります。その骨から腕の付け根方向へ、少し強めに押し付けるようになでて ください。

肩甲骨の前側をほぐす

肩甲骨と背骨の隙間、および肩甲骨の前側をほぐすことで、角度が急に なってしまった肩甲骨を もとに戻すためのケアです。

写真のように、肩甲骨の前側に指を差し込み尾側に引きながら圧を入れていきます。
下部の肩付近から、上部の肩甲骨と背骨の間まで、全域でしっかりと指が入るようになるまでほぐします。

お尻のマッサージ

ワンちゃんがリラックスして横になっている状態で、尻の骨盤の上をさすってほぐします。
掌か、四本指の腹の部分でなるべく設置面積を広くしてケアしてください。
他の部位に比べ、軽くほぐすようにしてください。施術時間は5分以内が理想です。

足指マッサージ

足の指をほぐすことで足首の動きをよくすること、そして足先へつながる神経のつながりを強めることができます。
まず、足の指を一本ずつつまむようにほぐします。
その後、写真のように足のひらをグーパーと動かしてストレッチします。
片足3分ほどをめどに刺激を与えて下さい。

前ももトレーニング

①ワンちゃんが横になってリラックスしている状態、もしくは抱っこした状態で、後ろ足のパッドを優しくつかんで真下に引っ張ります。
②そのまま引っ張ると、ワンちゃんが抵抗します。
③ワンちゃんが抵抗したのを感じたら、手を離してください。引っ張りに対して抵抗する時が、鍛えたい前モモのトレーニングとなります。