施術が上手くても、その効果を飼い主さんに説明できなくては意味がない。

犬の整体研究所は2004年から犬を揉み始めました。
当時は”犬に整体”などという考え方すらなかったため、驚かれたり不審がられたりしたものです。

しかし犬に整体施術を施すと立てなかった子が立てるようになったり、歩きやすくなったり、転びにくくなったりと、
目に見える効果が出るものだから”魔法のようだ”と言われてしまうのです。
私は魔法なんて使っていないのに。

その効果の理由を、魔法なんかじゃなくて機能解剖学で、つまり私がほぐしたコリの”筋肉名”を伝えることができたので
飼い主さんにも”なぜ効果がでたのか”、ひいては”なぜ歩きにくくなっていたのか”が理解していただけるようになりました。
そしてそれが広まったおかげで、歩けなくなってしまう前に施術をしてほしい、というお客さんも増え
さらに施術の効果が感じられる確率が高まっています。

近年マッサージや整体と称して犬を触ることを生業とする方々が増えてきました。
犬の整体研究所はその界隈では(気づいたら)間違いなく老舗になってしまっていました。
そしてその年数の間私は ひたすらに機能解剖学と向き合い、学びを深めてきました。
そして今感じているのは
“せっかくいい施術ができているのに、自身が何を揉んでいるのか全く理解できていない施術者が増えている” という点です。
そしてそれはとてももったいないことだと感じているのです

考えてみてください
12歳でビッコをひいている。背中が丸くなった、首が上がらなくなった子がいるとして
半年後、1年後、いまより歩きやすい状態でいられると思いますか?
残念ながらいつでも”今が一番若い”んです。
では、もしあなたが犬を揉んで、その効果がばっちり出たとして、それを飼い主さんにきちんと説明できていなかったら、、、

施術を受けるのは飼い主さんではなくて犬です。
ですが次の施術を受けるかどうかを決めるのは飼い主さんなのです。

犬をほぐすのなら、歩容の乱れの原因を、施術の効果の理由をきちんと説明できる。という技術は必須です。
そしてそれには機能解剖学の知識が必須なのです。

内容 

犬の歩容や姿勢の崩れの理由を、見立てることができるようになるための機能解剖学が学べます。

授業 

90分の録画視聴コンテンツ計7回分 + zoom授業(金曜夜)60分×3回

カリキュラム 

1回目 筋肉とは、コリとは。どうしたらほぐれるのか
2回目 犬の骨格、関節の構造の解説 上半身
3回目 犬の骨格、関節の構造の解説 下半身
4回目 犬の筋肉の解説 上半身
5回目 犬の筋肉の解説 下半身
6回目 姿勢、歩容の見立て方
7回目 筋肉の使い方の解説(どんな時にどの筋肉が働いているか、など)
※上記内容がすべて録画視聴コンテンツとなります。

授業の日程

録画視聴コンテンツを視聴していただいたうえでzoom授業にて質疑応答、補足を行います。

1~3回目まで録画視聴の後
zoom授業1回目(基本的に金曜夜)

4~5回目まで録画視聴の後
zoom授業2回目(基本的に金曜夜)

6~7回目まで録画視聴の後
zoom授業3回目(基本的に金曜夜)

講座スケジュール

次回は2022年 9月23日より 隔週金曜日20時~22時にて
開講予定です。
詳細はお問合せください。

受講料

12万円

支払い方法

口座振り込みのみ対応

振込先
三菱UFJ銀行 横浜西口支店(374)
普通 4941116 コバヤシ サチコ