横から見た姿勢で腰が湾曲している可能性があります。

腰の湾曲についての解説はこちら

 

横から見た姿勢での腰の湾曲とは、このような状態です

お尻が下がってしまっています。
下がってしまった坐骨を超えて後方へ後ろ足を蹴りだすのは至難の業なので
このような歪みがあると後ろ足は後ろへの蹴りだしが浅くなり
歩幅が狭くなってしまいます。
狭くなった歩幅を補うために以下のような歩き方をする場合があります。

腰が上下に動く

 
腰の湾曲がない状態では、後ろ足は十分に後方へ蹴りだすことができます。


しかし腰が丸まり、坐骨が下がってしまうと、
坐骨を超えて後方へ蹴りだすことが難しくなってしまいます。

問題が後ろ足から発生した場合、その時点で前足の可動域はまだ十分動ける状態である可能性は高いのですが
そうなると、前足と後ろ足の歩幅に差ができてしまいます。

そうなると、通常はまだ十分に動く前足を後ろ足の歩幅に合わせていくことになります
(この結果肩甲骨の可動域が狭まることにもつながります。)

ですがお散歩中や屋内でも遊んでいる時、飼い主さんに呼ばれたときなど
ちょっと急ぎ足になると、後ろ足が前足に追い付かなくなってしまいます。

そんな時、後ろ足の足りない歩幅の分を、
ジャンプして足が浮いている時間を長くすることで補おうとするのです。
ジャンプするのは後ろ足だけなので、結果として腰が上下しているような
歩き方になります。

もう少し急ぐと、今度は前足は大股で歩いているのに
後ろだけ両足飛びで走っているような状態になることもあります。