肩甲骨が歪んでしまっているかもしれません

犬の骨格の特徴として”鎖骨がない”ということは有名だと思います。
では、鎖骨がない、という事実は
犬のからだの使い方にどういう影響があるのでしょうか

そもそも鎖骨とは、胸骨から出て肩甲骨につながる骨です。
そして肩甲骨は鎖骨との関節でのみ他の部位とつながっています。
と、いうことは
鎖骨のない犬の骨格は、肩甲骨が胴体の骨格と関節していない(くっついていない)ということなのです。

胴体と関節してない。だから筋肉に頼るのです

例えば後ろ足の構造を考えると
股関節は骨盤と大腿骨が接している部位ですよね
それが前足になると、肩甲骨は胴体と骨がつながっていないのです。
ではどうやって前足を支えているのでしょうか

答えは筋肉で支持しているのです。
だからこそ、肩甲骨はゆがみやすいのです。

筋力低下は後ろ足から・・ その時肩甲骨は・・?

年老いた犬が筋力低下を起こしていく際
必ずといっていいほど、まずは後ろ足から細くなっていきます。

後足の筋力が低下していった際、犬はそれを補うために
前足に体重をかけるようになっていきます。

前足に体重をかけたい時は、どんな姿勢になるか?

答えはシンプル。
前足の着く位置を重心に近づけるのです。
→→

前足の着く位置を重心、すなわち体の中心に近づけると
結果として肩甲骨が立ちます。

そして前足に体重をかけるために頭を下げる姿勢を取ります。
そして
この時、上腕骨や肩甲骨の下部に付着している「首を引き下げる」働きの筋肉が
首を下に引っ張ってしまうため(詳しくはこちら)
首が上がりにくくなってしまうのです。