犬の整体メール相談メニューができたわけ③

前回に引き続き メール相談メニューができたきっかけの話です。

______________________________

この時点でほぐすべき部位は
後肢ハムスト(左>右)
木村さん5
前肢上腕三頭筋

木村さん6

および肩甲骨を支える筋群(浅胸筋、菱形筋、僧帽筋、広背筋等)
木村さん7
腰部を支える筋(腰腸助筋、腰方形筋等)
木村さん8


その後、前モモの筋(特に右)のトレーニングをを施せば 少なくとも
今よりは歩きは改善するはず・・。

ここまでは、歩行の観察により推察できることですが
重要なのは”実際触ってみたら、 右足と左足、どちらが筋肉がしっかりしていたか?”
という「事実」となります。


動画による推察は あくまでも推察であって 実際に触ってみたら、
全く逆だった。 ということもありうるんです。

シルエットになった猫の像が、くるくる回るだまし絵、見たことありますか?
見る人によっては時計回りに回っているように見える人とに分かれる・・・っていうアレです。
犬の歩行も若干そんな部分があって ちゃんと訓練していないと
一度”右が悪い”という先入観を持ってしまうと 動画を見ていてもどうしてもそのように見えてしまうものなのです。