[ビフォー]

若い子なので、関節の動きも滑らかで動きに問題はないのですが
いつも興奮していてパタパタと小股で歩く癖がついてしまっていて
後肢を十分に後ろへ蹴れなくなっています。

また、後肢のパッドの位置が理想的な位置よりだいぶ前に来ているので
前肢加重になってしまい、肩甲骨は立って可動域が狭まっています。

普段の歩行で股関節の可動域が狭く
また、それを腰を振ることでカバーしているため
結果的に膝を使えなくなってしまっています。

[アフター]

未だ癖で腰をふってしまっていること
また、特に左の股関節を使うのが上手でないため、歩容がぎこちない部分がありますが
右の股関節の後方への蹴りだしが深くなったこと
何より肩甲骨の可動が確保され
前肢の歩幅がUPしたのが見て取れます。

肩甲骨の角度が理想的な状態に保てると
後肢に十分に体重が乗るので、徐々に前モモに筋力が付いてきて
歩幅を広くしていくことができるはずです。