[ビフォー]

膝が使えておらず腰を振って歩いています。
歩き方だけ見ると、モモの筋力低下を疑いたくなるのですが
この子は実際はアジリティをやっているので、四肢の筋力はしっかりしているのです。
モモの筋力低下により、股関節がかたくなり、同時に膝を使わなくなってしまった。
それを補うために腰を振るような歩き方をする子の場合
多くは「ほとんど外でお散歩していなかったため」というのが大きな原因で
その結果
〇小股歩きが癖になってしまった
とか
〇膝を使って蹴りだすような歩き方をしたことがない
などの問題が生じていることが多いのです。

では、アジリティをやっているような子が
なぜこのような歩き方になるのか
答えは
「アジリティで腰椎(背骨のしなり)を使う体の使い方が癖になってしまっているから」
だと思われます。

[アフター]

施術してみると、やはり競技などをやっていない子に比べて
ものすごく筋肉が発達しているのがわかりました。
しかし筋肉が発達してるということは
犬種によっては「可動域の悪い関節が発生しやすい」ということにつながってしまいます。

この子の場合は、発達した前モモのため
後肢後方への可動域が狭まっていたこと
そして常に腰椎(背骨のしなり)を使っ動く癖がついているので
腰椎が丸まる癖がついており、腰回りが硬くなっていた。ということがわかりました。

施術後の歩容を見てみると
股関節の可動域が増え
腰部の無駄な動きが減ったのがわかります。