[ビフォー]

腰のふらつきがきになりますが
腰がふらつく原因は腰ではありません。
この子の場合の一番の問題は、右後ろ足の前方向への引き出しが浅く
左後ろ足の後方への蹴りだしが浅い
そのため逆方向への動きの時と歩幅に左右差が出てきてしまっているため
結果として腰を振っているように見えてしまっています。

[アフター]

上記の歩幅の違いが解消されたので、腰の振りが少なくなっています。

また、肩甲骨の動きも改善されているのが
前肢が前に引き出される際に首輪のすぐ下に現れる
肩甲骨下部の動きで見て取れます。