のしのし歩きの理由

ビフォー

肩甲骨の動きが悪いため、前肢を前に出すたびに肩甲骨が上下しており
そのため、前後から見るとのしのし歩いているように見える。
後肢は蹴りだして推進力を生む役割を果たせておらず
前肢の動きに付いて行ってるだけになってしまっている。

アフター

背中がほぐれ、前肢と後肢の連動が取りやすくなっている。
肩甲骨の可動域も改善し、のしのし歩いていたイメージから軽やかな歩様に変わった。
後肢の働きが復活し、しっかり推進力を生み出せている。

考察

姿勢自体が前足加重というわけではなくても
推進力を生み出す役割が前足頼みになってしまっているために
肩甲骨周りに負荷がかかり、動きが悪くなってしまっている事例です。